群馬県

基準 化 早期 健全

・ - 財政規模に応じ11. 25~15%、財政再生基準:20%• 財政再生基準 国の関与による確実な再生を図るため、上記指標1から3のうち、1つでも基準以上となった場合、指標が早期健全化基準未満となること等を目標として財政再生計画を議会の議決を経て策定し、総務大臣に報告しなければなりません。

大衡村/令和元年度決算に基づく財政健全化法による指標

基準 化 早期 健全

[矢野 武 2019年11月20日]. 各指標の基準値一覧 早期健全化基準 財政再生基準 経営健全化基準 1. 三 財政の早期健全化の基本方針• 実質赤字比率 当該比率が生じていない (赤字が生じていない) 11. 一般会計等から一般会計等以外の特別会計への繰出金のうち、公営企業債の償還の財源に充てたと認められるもの• 七 各年度ごとの健全化判断比率の見通し• 3%とすべての指標で早期健全化基準を下回っています。 健全化判断比率等をお知らせします 平成19年6月に「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」(財政健全化法)が制定され、この法律により、地方公共団体は、毎年度、『健全化判断比率と資金不足比率』(健全化判断比率等)を算定し、公表することとされました。 県内市町村の健全化判断比率の状況(単位:%) 市町村名 実質赤字比率(該当団体なし) 連結実質赤字比率(該当団体なし) 実質公債費比率 将来負担比率 平成30年度決算 平成29年度決算 平成30年度決算 平成29年度決算 平成30年度決算 平成28年~平成30年) 平成29年度決算 平成27年~平成29年) 増減 平成30年度決算 平成29年度決算 増減 比率 早期健全化基準 比率 早期健全化基準 比率 早期健全化基準 比率 早期健全化基準 前橋市 3. の指標のうち、早期健全化基準には幅がありますが、これは各地方公共団体の財政規模により変動します。

健全化判断比率等

基準 化 早期 健全

実質赤字比率 一般会計等の赤字が経常的な収入に占める割合を示す指標 家計に例えると、年間の赤字額が年収に占める割合です。 - (平成21年度〜平成24年度)• これにより、各自治体が財政健全性に関する比率(「健全化判断比率」及び「公営企業の資金不足比率」)を公表し、各比率が基準以上の場合には、議会の議決を経て、財政健全化計画等を策定し、財政の早期健全化や再生等を図ることとなります。 早期健全化基準は、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率について定められています。

7

大衡村/令和元年度決算に基づく財政健全化法による指標

基準 化 早期 健全

4つの健全化判断比率のうち、いずれか一つでも「早期健全化基準」以上となると「早期健全化団体」となり、「財政健全化計画」を策定し、自主的な改善努力による財政の早期健全化に取り組まなければなりません。 なお、連結実質赤字額が生じない場合はこの比率は算定されません。 なお「実質公債費比率」は、3か年度平均の比率を公表しています。

群馬県

基準 化 早期 健全

資金不足比率 (単位:%) 元年度 30年度 経営健全化基準 水道事業会計 - - 20. また、将来負担比率は、将来負担すべき実質的な負債額がないため、マイナスとなりました。 25%~15% 20% 連結実質赤字比率 財政規模に応じて16. 連結実質赤字額:(各会計の実質赤字額・資金不足額)-(各会計の実質黒字額・資金剰余額) <実質公債費比率> 市町村の一般会計等が負担する公債費及びこれに準ずる経費の大きさを示す指標(過去3か年平均で算定)です。

健全化判断比率等

基準 化 早期 健全

一般会計は、税金などを収入に、福祉や教育、道路など行政サービス全般に関する支出の経理を行う会計で、市の会計で最も大きい規模の会計です。

1

総務省|地方公共団体の財政の健全化|早期健全化基準と財政再生基準

基準 化 早期 健全

同法は金融機関をによって4つに区分し、破たんが危ぶまれる金融機関には公的資金を注入する。 事例 [ ] 2015年末の時点で、財政健全化団体は存在しない。