「可能性」と「蓋然性」の意味の違いは何ですか。

蓋然性

「蓋然性」の「蓋」は、訓読みでは「ふた」で、覆いかぶせるという意味があります。 たとえば、五月に東京に雪が積もる可能性は無視すべきであり(「可能性がない」)、釧路ではその確率が査定の対象になるのです(高いか低いか、どのくらいか)。

5

蓋然性|これなんて読むの

蓋然性

可能性を秘める(はらむ)• もっとも、以上のような理解に対しては、「可能性」はpossibilityの意味、「蓋然性」はprobabilityの意味であるととらえて、可能性は有無だけであり、蓋然性は程度を表すとする考え方もあります。 そのため希望的観測はなるべく入れず、 客観的に判断した時に蓋然性は使われます。 「蓋然性」 この蓋然性とは 「がいぜんせい」と読み、大雑把な意味で使われる言葉ですが、その分、信頼性は高いと言うことができるでしょう。

11

①”蓋然性が高い”のに”可能性が無い”事柄ってありますか?例...

蓋然性

私は大学(学部生)時代は法学部だったのですが、教科書の中にこの「蓋然性」という言葉がよく出てきたのを覚えています。 具体例を出すと、次のような使い方となります。 可能性の使い方 可能性を使った分かりやすい例としては、「彼は大企業から内定を貰う可能性がある」「不正なアクセスを受けたので一部情報が流出した可能性がある」「若者は無限の可能性を秘めている」「彼は私のことが好きな可能性が高い」などがあります。

18

「可能性」と「蓋然性」の意味の違いは何ですか。

蓋然性

これを蓋然性で表すと、たぶんベスト4までは蓋然性(見込み)「あり」。

20

蓋然性と可能性の違い

蓋然性

「可能性」は人に対してもよく使われる言葉です。 ただし、場合によっては「蓋然性がある」「蓋然性がない」などと表現することも可能になります。

20

蓋然性とは|意味・読み方・使い方・類語・対義語・英語表現と例文を解説

蓋然性

蓋然性を使う場合は、その根拠に確実性がなければなりません。

13