エリクソンの発達段階説とは? 8つの段階まとめ

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

。 壮年期• エリクソンの発達段階説は、子どもへの接し方に悩む親に判断の軸を示してくれます。

16

エリクソンの【ライフサイクル論】とは?8つの発達段階・課題を解説

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

そのため、黒髪・黒い目が多いユダヤ教会では「異教徒」のように見られていたそう。 エリクソンのライフサイクル理論とは 発達に関してエリクソンが作り上げた理論は、「 発達は生涯を通じて行われる」というライフサイクル理論。

16

人はどうやって成長していくのか?エリクソンの発達段階理論を解説

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

重要な対人関係:母(母性的人間) 幼児前期• そして、自主的に行動して失敗し、大人から注意や叱責を受けるこにより、失敗して周囲の失望や叱責を招くのではないかという感覚(罪悪感)を抱くようになります。

2

アイデンティティ理論とは

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

このハビガースト先生は古ネームは「ロバート. 乳幼児期は両親との関わりを通して、基本的な信頼関係などの社会性の土台を作ります。 親の言うことを素直に聞かず、かんしゃくを起こして抵抗するなど、手のかかる年頃ですよね。

16

アイデンティティ理論とは

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

幼児前期の子どもは、歩いたりしゃべったりするようになります。 現実的な自己概念を発達、より多くの機会についていっそう学ぶ 確立段階(25から44歳)の課題 希望する仕事をする機会を見つけ、他者とか関わり、職業的地位の安定を築く 維持段階(45から64歳)の課題 自らの限界を受容する。 たとえば、18~40歳にあたる「初期成人期(young adult)」の心理社会的危機は「親密対孤立(intimacy vs. 危機とは児童期までの過去の同一視を否定したり再吟味する経験を指している。

12

エリクソンの【ライフサイクル論】とは?8つの発達段階・課題を解説

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

それを繰り返すことで自信がつきます。 しかし、この時期の子どもは、「自分でやりたい。

11

エリクソンの発達段階とは|特徴や概要を徹底解説

的 理論 発達 の 社会 エリクソン 心理

いわゆる「自分探しの旅」ってやつです。

20