展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」兵庫県立美術館で、デザイン・ものづくりの思想や軌跡に迫る

つづく 皆川 明

スガノ さあ、手帳チームのシオリさん。

日曜美術館「デザイナー 皆川明 100年つづく人生(デザイン)のために」

つづく 皆川 明

「その間、本当に多くの人たちの仕事に支えられてきました」 そんな皆川さんの言葉を表すように、五つめの部屋「種」では、ミナの仕事場とともに、プリント、刺繍、織など製造の現場で仕事に励む人たちの映像が流れている。

1

【ミナペルホネン】皆川明 つづく展に行ってきた話【東京都現代美術館】

つづく 皆川 明

近所の本屋にもないし、楽天ブックスも取り寄せだったので、Amazonで注文しました。

12

皆川明

つづく 皆川 明

(土日はかなり混むそうです。 他の方のTwitterを観てみると、バッグの柄は日によって変わるようですね。 またとないこのチャンスをお見逃しなく。

17

第3回 作家、皆川明。

つづく 皆川 明

上記以外のグッズは? 思い出す限り、他には下記のような商品がありました。

5

ミナ ペルホネン展覧会「つづく」のグッズ情報

つづく 皆川 明

「高かったのに。

17

日曜美術館「デザイナー 皆川明 100年つづく人生(デザイン)のために」

つづく 皆川 明

どれもまるで物語のようで大変心を揺さぶられました。 、「Second Nature---a Danish Japanese design exhibition」/Rundertaan、()• ミナペルホネンの服を着ると「自分の人生のつづきが見たい」と思えるようなそんな力をもらえると思います。 また、つづくのロゴのものがありました。

8